デイサービスのレクリエーションは大切

11月 27th, 2014

デイサービスは、外に出る機会がへった高齢者が通うところです。日々、通う先で決められたレクリエーションを仲間とおこない楽しく過ごします。最近は、高齢者になっても元気で日常生活が自力で送れる方も多いです。その一方で、病気のために、手足が不自由になるとか、言葉が話せなくなる人もいます。そのため、デイサービスは、リハビリの場所でもあるのです。

レクリエーションのなかでは、話をするとか、体を動かす練習をすることも大切です。もちろん、デイサービスにいる職員は、利用者様に楽しく通ってもらうことを考えています。だから、レクリエーションのキット選びも大切になるでしょう。デイサービスに通って、「折り紙」をおる。それで、手軽にステキな作品ができたら、楽しいですよね。また、作品をつくりながら仲間と話がはずんだら、脳も元気になります。そしたら、生きる意欲もでてきますよね。

人は、年齢を重ねると病気になりやすくなりますが、それは仕方がないことです。しかし、心まで暗くなったら、病気まで悪くなるというお医者様もふえました。生きる意欲は、健康にも大切なのです。デイサービスのプログラムの担当者様で、よいレクリエーションキットを探している方はインターネットを調べてみましょう。

「脱原発」小泉純一郎の真意

1月 1st, 2014

小泉純一郎、近年では最も人気のあった政治家ということができるだろう。小泉チルドレン、自民党をぶっこわずなどなど、国民にとって分かりやすい言葉を使って、民意に訴える手法は、近代政治家としてはピカイチでしょう。

そして、何よりも郵政民営化を実現してしまったことです。郵政民営化は誰でも考える政策の一つだったと思います。しかし、誰も手を付けなかった。いやできなかったのです。一切の無駄を排除するという根底思想から動き出した郵政民営化は、小泉純一郎氏の手によって現実のものとなりました。

その小泉純一郎氏が、脱原発を宣言したのが本書です。これも小泉流の実に分かりやすい論調です。東日本大震災を原因とした原発事故は、原発の恐ろしさをまざまざと見せつけました。

民意は脱原発なのです。原子力を完全にコントロールすることはできないのです。そんな分かりやすい、ごく自然な民意に敏感に反応するのが小泉流なのでしょう。

本書「原発ゼロへ! 小泉純一郎脱原発宣言 全文」には、小泉氏の純粋な原発への思いが凝縮されています。政治の第一線から退いた小泉氏の素直な政治思想に触れることができる一冊です。

原発に関する本はたくさん出版されていますが、元総理大臣によるものは他に類を見ません。

電子書籍サイト「ゴマブックス」は政治経済に関連する書籍を多数提供させていただいておりますので政治経済の本はこちらがおすすめですよ
現在の日本の現状を素直な目で見る政治経済のおすすめ本も多数取りそろえています。混沌とした政治経済を読み解くにはとても役に立つはずです。